万年筆博士のあゆみ

事柄 時代
1923 初代山本義雄(鳥取市1911.1月生まれ)12歳にして単身上京 次兄定雄(1897.10月生まれ)が営む東京池袋の万年筆製造所(東京府北豊島郡西巣鴨町大字池袋831番地 現 東京都豊島区南池袋1丁目 付近 )に見習い職人として入る 家内制
手工業
1928 定雄は満州大連市浪速町2丁目(現天津街)に販売拠点として支店開設、共に大連へ渡る。この時初めて「万年筆博士」を屋号とする
1934 義雄独立する。大連市内の職域販売を主とする外商として
1944 疎開して故郷の鳥取へ帰る。実家(野坂)で万年筆製造、大阪の梅ヶ枝町の山崎に納品していた
1945 鳥取市瓦町の借家で製造、小売を始める。『万年筆博士』を掲げる
1946 鳥取駅前(栄町)に支店をつくる。商標(SILVER、DOCTOR)
1948 大連より引き揚げた兄定雄は岡山駅前で『万年筆博士』を開業するが、5年程して廃業する。
1952 9月 田中晴美(1937.1月生れ)職人の末弟(岡本、岡島)として入社する
1960 マスプロ、マスセールス時代に入り、大手メーカー品以外見向きもされなくなり、製造販売から、仕入販売へ移行 専門店
(仕入販売)
1970 二代目山本雅明(1942.12月生れ)東京のプラチナ万年筆(株)で営業を4年経験したのち帰郷
1978 有限会社として法人登記(代表取締役山本雅明)
1982 筆記具の多様化、ワープロ、PCの普及も始まり、万年筆そのものが売れなくなっていた。万年筆の専門店が姿を消し、デパート、文具店から万年筆の売り場が姿を消していく。当社も例外ではなく、苦戦していた。万年筆のプロとして諦める前に、最後にチャレンジをしようと、世界初、書き癖診断カルテをもととした、書き癖に合わせたペンポイント研磨、ペン先調整、ろくろ仕事によるカスタムメイド万年筆を発売する。生き残りの職人と、錆だらけの機械や道具たちを修理復活させ、原材料であるエボナイトを世界中探し、セルロイドを国内で復刻させた。 カスタムメイド
1984 軸材にドイツ製エボナイト三柄:ブラック、レッド&ブラック、オレンジ&ブラック(現在は無)を使用、ペン先から軸まで一貫して製作できるシステムが完成
1985 軸材にセルロイド製品を開発、三柄:ジェードグリーン、リップルレッド(現在は無)、オレンジマーブル(現在は無)ダイセル化学工業とタイアップして復活
1986 日本初、羽根ペンを復刻製作、発売する(現在は無)
1987 黒水牛角、オランダ水牛角製(現在は無)万年筆を世界初発売、セルロイド新柄ラピスラズリブルー(現在は無)が加わる
1990 軸材に世界初本べっ甲製品を開発
1991 軸材にヴァイオレットウッド(現在は無)製品を開発
1995 デパート等の催事販売をやめ、年に一回独自の万年筆交流会を東京で始める カスタムメイド、ダイレクトセリング
1996 三代目山本竜(1974.5月生まれ)帰郷 ペン先調整から始める
金具(クリップ、リング等)に14Kソリッドゴールド鍛金金具を導入する
1999 オリジナルGPユニコーンクリップを開発、エボナイト新柄ブルー&ブラック(現在は無)が加わる
2000 軸材にココボロウッド製品を開発
2005 イカ墨セピアインク限定版、普及版発売
2008 2月1日 代表取締役山本竜 取締役顧問山本雅明
2009 田中晴美 受注終了
山本竜 70年ぶりに進化復活する道具たち、ろくろ、くしがま、うま、本打平バイト5種7年がかりで完成させる
山本竜 受注納品開始 軸の長さ、重さのトータルバランスを考慮したフルカスタムメイドシステム(ビスポーク)の開発 
軸材に老山白檀拭き漆(30本限定完売)、かりんの瘤拭き漆、アフリカ黒檀、本紫檀を開発
フルカスタムメイド、ダイレクトセリング
2011 年に一回の東京万年筆交流会をやめ、年に数回のマンツーマン診断受注イベントをはじめる(東銀座)
10月 田中晴美 29年間のオーダー万年筆作りにピリオド 勤続59年 74歳で勇退 
2012 万年筆のデザインに黄金比(DESK)、白銀比(NME)を取り入れる
2013 創業80周年記念モデルとして15号バイカラーペン先100本限定で開発完売。それに伴い鍛金金具にシルバー950燻仕上げと14Kホワイトゴールドを開発完売
2014 年間受注納品の50%以上が海外からのものとなる。
2016 オランダ、アムステルダムで診断受注イベントを行う