イカ墨セピアインク

ダーク書画用

¥7,000(税別)

万年筆博士オリジナルボトル 50ml入り

▶︎ ご注文の方はこちら

 

セピアインクとは?

 セピアの語源は古代ギリシャ語でコウイカをさします。地中海沿岸地方では古代よりイカが食材にされるとともに、イカの墨がインクとして使用されていました。これが西洋全般に広まるようになると、セピアという単語はイカ墨やそのインク、そしてその色をも意味するようになります。イカ墨は古代漁業の自然な副産物であり、ギリシャ、エジプト、ローマの古代文学文化に賞賛され、インクとしてよく使われていました。レオナルド・ダビンチ、レンブラント、ベートーヴェン、マリー・アントワネット、ナポレオン - 罪人と聖人 - を書いた4人のエバンジェリストが、セピア・インクを使って様々なペンを使って書いています。今日もなお存在するセピアインクで書かれたこれらの書類の中には、2,000年以上前のものがあります。

 1920年頃、来日したイギリスの陶芸家、バーナードリーチが持参したインクビンの中身は、フランス製セピアインクでした。これは面白いと日本で初めて作ったのが鳥取の民芸の父、吉田璋也耳鼻咽喉科医師(1898-1972)と鳥取高農(現鳥取大学)農芸化学の河崎武矣教授です。1936年、鳥取セピアインクの名称で特許を取り発売され、1960年頃まで450円(コーヒー一杯20円から30円の頃)で、鳥取市たくみ工芸店と東京銀座たくみで売られていました。ビンの中には粉末状にしたものが入っており、水に溶かして使うといったものでした。


(↓貴重な現物を鳥取県岩美郡岩美町岩井の岩井窯、山本教行様からいただき、保存しています)



 セピアインクは、色褪せしない耐光性や水に流れない耐水性が優れており、つけペンのインクとして、絵の具の顔料として愛用されました。 当社2代目山本雅明が興味を持ち吉田先生に製造方法をお伺いしたところ、本気に受け取ってもらえなかったようですが、1972年吉田先生がお亡くなりになり数年が経った頃、雅明が再度、河崎先生にセピアインクを復活させたいと、お伺いしたところ方法を教えてくださいました。1985年ごろ3代目山本竜が雅明の指導の下、イカの墨袋から墨を取出し、薬品を使いセピアインクを作りました。しかし、万年筆に入れると詰まる(粒子が荒いためペン芯の毛細管を通らない)といった弱点がありました。だからこそ万年筆の進化に伴いペン芯が完成したころから、セピアインクが忘れ去られていったと考えられます。1995年ごろ鳥取市大村塗料さんに超微粒子加工を相談したところ2005年ついに完成。同年9月13日限定版16000円(税別)100個即完売(鳥取県産智頭杉圧縮材を木地師谷口かおりさんのろくろ仕事で作ったボトルカバー拭き漆仕上げ)(第1号は吉田璋也さんのお仏壇にお供えさせていただきました)と普及版ライト6000円(税別)とダーク7000円(税別)を発売。実に吉田璋也氏の命日でした。


(↓写真左限定版中央普及版ライト右普及版ダーク)



 復刻セピアインクは、イカ墨を超微粒子加工して、万年筆や筆ペンに注入しても詰まりにくく、耐水性、耐光性をもった、世界でも初めての画期的な万年筆用カラー天然顔料インクです。
古代ギリシャで生れたセピアインクは、羊皮紙、洋紙にはもとより、日本の和紙にもやわらかい表情で調和します。葉書や便箋を始め、書、そして絵と、広い用途でお楽しみください。インクフローの良い万年筆、ペン先のしなりが柔らかい万年筆でお使いいただきますと濃淡が出てより楽しめます。

 手作り生産のため、月産10本程度です。在庫のない場合お届けに時間を要することもございますが、ご容赦くださいませ。

沖縄、北海道向けの発送(航空便)にはMSDS成分安全データ表日本語版を、
海外向けの発送にはMSDS成分安全データ表英語版添付させていただいております。

ご注意
・耐水効果は数日要します。水彩には十分乾燥してから色を載せてください。
・他のインクと混ざるような使い方をしないで下さい。
・しばらく使わないときはインクを戻し、インクを吸入する要領で水道水を吸入し、繰り返し洗浄してください。
・衣服などにインクが付くと落ちにくいのでご注意ください。